Back To Top

エグシスのIB指導

IBとは?

国際バカロレア(IB, International Baccalaureate)は、世界的に導入が進められている教育プログラムです。1968年にスイスのジュネープに設立され、今では世界に5000校以上ものIB認定校が存在します。近年、日本でも文部科学省に強く推奨されており、国内だけで175校もの認定校があります(令和3年12月31日時点)。グローバル化が進む中で、社会で活躍できる人材を育成させるこの教育プログラムは、世界でも通用する大学入試資格(IB Diploma)を与え、生徒さんにとって幅広い選択肢を作ることができます。

 

エグシスIB指導のポイント

・普段の成績とIBの両立

学習内容がとても多く、難易度の高いIBプログラムは、普段の学校の成績(GPA等)との両立がとても重要となってきます。近年、IBをとっている影響でなかなか学校の成績が上がらないケースが多数見られます。エグシスでは普段の成績とIBの点数の両方で高い評価を得られるように、IBの初期段階から大学受験完了までしっかりサポートし、生徒さんたちに合った勉強法で受験対策を行います。

 

・徹底的な試験/課題対策

中間課題試験(Internal Assessment)と最終試験(External Assessment)は、IB Diploma を取得するにあたってとても重要です。エグシスでは生徒さんの点数を一点でも高く上げられるように、苦手な科目を徹底的に指導いたします。また、長時間の対策が必要であるEE(Extended Essay)やTOK(Theory of Knowledge)の論文対策もしっかり対応いたします。IB Diploma生だけでなく、IB Certificateを受けている生徒さんの指導も行っております。

 

・IB経験者の現役大学生教師からの指導

エグシスでは、数年以内にIB Diplomaにて高得点を取得した現役大学生が指導いたします。そのため、授業内容に関する質問だけでなく、大学の進路、最近の大学入試に蹴る傾向やそれらにまつわる相談やアドバイスを多く聞けるのがメリットです。また、IBを取る前の科目選択に関するカウンセリングも実施しており、生徒さんに合った受験プランをサポートいたします。